RE/MAX AGENTS List

さまざまな「感動のはじまり」に出会うために
オーナー

profile

小池コイケ 淳一ジュンイチ
Junichi Koike
性別
男性
メールアドレス
junichi.koike@remax-agt.net
不動産歴
30年
役職
オーナー
対応可能な言語
日本語、英語
保有資格
宅地建物取引士、公認不動産コンサルティングマスター、賃貸不動産経営管理士、一級建築士

経歴

●大学卒業後22歳から24歳までの2年間をアメリカで生活。 ●帰国後は家業の職人として2年間修業したのですが、肌に合わず断念。話し合いの結果、家業は継がず、長男にもかかわらず独立することに……。 ●学生時代に看板屋でアルバイトをした経験から工事現場の建築看板をメインに請け負う「コイケデザインスタジオ」をスタートさせる。 その後グラフィックデザイナーの友人も参戦し、3年後には法人化。 ●さらに、取引先からご自宅の建築の依頼が入るようになり、建築士の資格を取得し、設計と建築事業部を別法人で設立しました。 機能、性能に優れている輸入住宅を建てる工務店に特化させ、 自分が良いと思うものを売るのでお客様にもそれが伝わり また、輸入住宅という物珍しさもあって、売上は早期に3億円を超えました。 ●子ども英会話教室のM&Aから始まった外国人教師派遣事業も、当時の民間会社では珍しいということもあって軌道に乗り、数億の売り上げに。 ●しかし、これまですぐ行動に移すことで功を奏してきたことも、空回りしていきます。 輸入住宅建築の請け負いは勢いに乗るあまり、需要に供給が追い付かず、また入出金のタイムラグも管理しきれず、大きな借金を抱えることになりました。 経営計画もないまま突き進んでしまった結果、会社を手放すという大きな失敗となったのです。 ●毎日2時間、寝に帰るだけの生活もたたり、40歳で一過性脳梗塞になり入院……。 仕事ばかりの生活は良くないと実感し、経営塾で経営学をイチから勉強。 そこから会社の経営理念をつくり、長期経営計画を策定し、会社の事業目的を常に念頭に経営するように努めました。 ●事業計画や経営理念のもと、会社も落ち着き、また新たな取り組みを開始。 以前建築でご縁のあったお客様から、相続の話でご相談をいただくようになり ●2012年、「iCAN 全国相続鑑定協会」を創設。 iCANでは相続鑑定士と相続エージェントが協働して、相続の相談を入口に、相続不動産の診断、活用の提案をしています。「負動産」を「富動産」に変えるように相続鑑定書を作成。 「相続を制するものは不動産を制す」と思っています。この表裏一体の関係性を存分に生かしてもらいたいです。 ●RE/MAX Home Agentsでの私の役目は、エージェントの採用と教育、そしてMy Homeのように安心できる場所の提供です。不動産仲介での利益ももちろん大事ですが、エ―ジェントが成長していくことに大変喜びを感じています。

メッセージ

私は、不動産の相談を通して新たな「感動のはじまり」を創造することができました。 たとえば、ご相談者様の不安を取り除くことで生まれる「感動のはじまり」 相続エージェント、不動産エージェントがおのおの新たな分野で活躍する「感動のはじまり」 新たな喜びをみつけた私自身の「感動のはじまり」。 この「感動のはじまり」の輪をRE/MAXを通して日本全国に広げていきたいと思っています。

エージェントタグ

小池 淳一 に問合せをする

小池 淳一 が取扱可能な物件一覧

物件データはありません

totop